読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報処理安全確保支援士試験合格を目指して

IT系にそこそこ弱い40代サラリーマンが2016年春の情報処理安全確保支援士試験の合格を目指します!できるだけ楽して合格したい!この気持ちでいっぱいです(笑)全力で片手間で頑張ってみます!

午後Ⅱ対策はこれでいけ!

午前Ⅱ対策

さて、未だに目標である150時間に達成する気配をみせていませんが、なんとなく試験には合格するんじゃないかなぁと思っている私です(笑)

 

前回は午前Ⅰの試験対策について書きました。

 

itsecurity.hatenablog.jp

 

では午前Ⅱ対策はどうするのか?というと、こちらは以前にもお話しした通り

「情報処理安全確保支援士過去問道場.com」を利用して全ての過去問(400問)をやるだけにします。

 

➡️ 情報処理安全確保支援士過去問道場.com(無料で登録利用できます)

 

 

解説もきちんとついているので、とても見やすいサイトです。

午前Ⅱ対策はこのサイトの利用のみ。

 

午前Ⅰの勉強にもなるので一石二鳥ですね。

といっても、セキュリティに関する問題のみなのでさすがにこれだけで午前Ⅰと午前Ⅱの両方の対策を考えるのは危険だと思い、午前Ⅰは午前Ⅰの過去問をするようにしました。

 

「情報処理安全確保支援士過去問道場.com」は無料登録をしておくと、全問を少しずつやっても、まだ出題されていない問題のみを出してくれるので無駄がありません。

 

要は隙間時間をみつけて少しずつ問いていくことに対してすごく有効的に使えます。

 

会社の休み時間に少しだけ問題をやって、また次の日回答していない問題をやっていく。

それを繰り返すことで、知らない間に全問解けています。(もちろん、出題中に後何問解いていないかもわかります)

 

そして、一通り回答が終わると、次は間違った問題のみ出題させることも可能なのでそちらを解いて、間違いをゼロにします。

 

そして、また最初からやり直し・・・という感じで試験日まで続けていけば暇つぶしにもなり、空いた時間を有効に使えるのでいいかと。

 

実際、この方法で前回合格した会社の友達がいたので、その方法パクらせてもらいます(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

午前Ⅰ対策はこれでいく!

 

午前Ⅰ対策は最小限の努力で合格することを目指します。

 

ここはまともにしようとすると、範囲と問われる知識の幅が広すぎて時間がいくらあっても足りません。

 

なので、僕は次のような対策だけしておいて、他はしないように思います。

 

 

午前Ⅰの対策

 

午前Ⅰの対策としてやることは、

 

「過去3年分の応用情報処理試験の過去問をやる」

 

 

だけに集中します。

 

 

まず、第一に情報処理安全確保支援士(その他の情報系資格)の午前Ⅰは過去3年間の応用処理試験の過去問(午前)から出題されています。

 

あまり問題の改変もされていないようなので、過去問だけやっておけば午前Ⅰには合格するだろうと思っています。

 

しかしながら、10年前の技術と今の技術では差があると思っているので、下のような方法で試験対策をしていこうと思いました。

 

.問題の意味をとらえずにパッとみてそれが答えれるくらい問題を何度も解きまくる

.過去問3年分(計6回分)だけ丸暗記する。(この問題がでたら、答えがすぐにわかるので)

 

 

 

さて、どうなることやら・・・。

 

 

資格は合格すれば勝ち

効率アップの方法

 

資格取得に興味のない僕も、若い時はジャンル関係なく片っ端からとれそうな資格をどんどんとっていました。

 

おかげで、今は履歴書の資格の欄には書ききれないくらい資格をもっていて、全部思い出すことができない状態になっています(笑)

 

そんなに数をもっていても、持っててよかったなぁと思う資格は2、3個でしょうか。

 

運転免許書と第二種電気工事士ぐらい?後あって、第1種衛生管理士ぐらいかなぁ。。。。

 

工事担任者ももっているから一応ネット工事できるのか。。。

 

とまあ、持っていても資格自体にまったく意味を持っていないのが現状です。(運転免許書は必須ですけどね)

 

 

僕はこれまで資格取得でほぼ100%一発合格しています。

 

それは「常に100点を取る!」という考えで勉強していたのが大きいと思います。

 

だいたいの資格試験の合格基準は6、7割とれると合格になります。

 

とりあえず100点目指してやっておけば、本番間違えても8割程度はとれているので合格します。

 

 

今でもこの勉強方法は良いものだと思っていますが、今回の資格試験のように「まずその資格を取りたいと思っていない。けど、会社に勤めている以上合格しないといけない」状況であれば、あまり時間を費やすことはせずに6割取得を目的として頑張ればいいと思っています。

 

 

なので、今回の資格試験は100点を目指しません。

 

6割ラインを狙います!

 

 

でも、その手抜き方法はわからないんですよねぇ・・・。

 

 

 

今まで常に100点を目指してきたので、どのくらい手を抜いたら6割合格になるのかが、未だにわかっていません。

 

 

しかし、そればかりはしょうがない。だって経験したことないから本当にわからないもの。

 

 

だけど、今回は6割目指すことにしました。

 

 

6割の勉強しかしないっ!!

 

 

方向転換したり、一貫性がなかったりするかもしれませんが、資格試験に合格して取得後にこのサイト上でまとめていこうとは思っていますので、この体を張った実験結果を楽しみにしておいてください。

 

 

資格取得になんの意味もない

情報処理安全確保支援士

こんばんは。

 

情報処理安全確保支援士試験まで残り二ヶ月ほどです。

 

えーぶっちゃけるとあまり進んでいない状態ですね。。。

 

勉強時間も150時間やるって言い切っていましたが、そこまでできそうにありません(笑)

 

僕は実は20代まで資格試験の鬼と言われていました。っていうかそう自分で言っていました。

 

数年前に資格の意味を考え直した結果、資格の勉強には意味があったとしても、資格取得そのものにはあまり意味がない(勿論、その資格がないと扱えないという資格はとらなければいけませんが)と考え、それまで年平均2つずつくらい資格を取得し続けていました資格取得をパッタリやめてしまいした。

 

なので、今回の情報処理安全確保支援士資格もあまり資格自体には興味はないんですよね。。。学ぶことは業務上大切なことなので必要だとは思っているのですけどね。

 

逃げの言葉に聞こえるかもしれませんが、結局資格を取得しても年数を重ねることで合格者の数が増えるので、だんだん淘汰されてくる。

結局、資格取得は国や企業が儲ける仕組みになっているんですよね。

 

今回の情報処理安全確保支援士試験は、合格した後、情報処理安全確保支援士の申請することで情報処理安全確保支援士になることはできるのですが、この維持費が恐ろしく高い。個人で払えるレベルではないです。

 

これは利権が働いているとしか思えない(笑)

 

っとまあ、色々思うところはあるのですが、申し込みもしてしまったし、今回は会社でお世話になっている人からの頼みだったので合格する気ではいます。

 

合格した後に申請するかしないかはわかりませんけど。。。

 

現在の学習時間は31時間(笑)

 

目標は150時間なので・・・・。やっと5分の1をクリアしたところですね。

 

うん。このままでは全く目標達成できない(笑)

 

 

いいんです。時間なんて関係ない!!(逆ギレ)

 

要はどれだけ効率的に短時間で勉強するかなんですよ。

 

 

うん。頑張ろう(笑)

情報処理安全確保支援士試験午前Ⅰ(基礎理論)

午前Ⅰ対策

f:id:airbumps6:20170205155536p:plain

 

空集合の問題は、実際に自分でべん図を書いた方がわかりやすいですね。

 

f:id:airbumps6:20170205160846p:plain

 

ということで答えは「エ」になります。

 

 

これ系の問題はド・モルガンの法則とベン図を理解しましょう。

 

 

分かりやすかったページは

yama-taku.science

 

部分集合,集合の包含関係

 

 

f:id:airbumps6:20170205173539p:plain

 

これは公式を覚えておく。

 

f:id:airbumps6:20170205173906p:plain

 

 

f:id:airbumps6:20170205175212p:plain

これも小数を10進数から2進数に表す時に一桁ずつ1/2になることを知っておかなければいけません。

f:id:airbumps6:20170205175311p:plain

 

基礎理論は難しいなぁ。。。。

 

意外と午前Ⅰが一番の難関なのかも(笑)

 

勉強方法としては過去問の午前Ⅰを問いて、解説はこちらのサイトで詳しくされているのでチェックする方法がよいと思われます。

 

情報処理技術者試験の勉強をやり直し −ITパスポート、情報セキュリティマネジメント、基本情報技術者、応用情報技術者、高度試験の過去問題の解説−

 

午前Ⅰの問題は、応用技術試験問題から出題されるので応用技術試験問題を別でやればいいという人が殆どだと思うけど、試験に合格する為だけに集中すればそれは無駄な時間。

とりあえず6割とれるように、過去問しまくってわからない所はスルーするしかない!

 

 

 

 

 

 

 

ぼちぼちスローペースでやっております(笑)

嫌になった時

こんにちは^^

ご無沙汰しておりましたが、今年の春の情報処理安全確保支援士試験の勉強を一月に初めてから1ヶ月が経過しようとしてます。

 

スタートダッシュにも遅れ、そして今もダラダラペース(笑)

 

しかしながら、勉強をやらなくなった瞬間にやめてしまいそうなので、とりあえず毎日最低10分でもやるようにはしています。

 

今の勉強合計時間が約30時間くらい。。

 

このペースでは確実に150時間に到達しない。。。。

 

しかし、焦りがないのはなぜなのか?

諦めてるからか???

いやっ!諦めてはない!!

 

とにかくやっていくしかないので、頑張る!!

ヤル気がでるまで耐える、耐える、耐える!!

 

そして150時間突破するぞー!!

(もう、勉強の効率云々より時間数に焦点を合わせ始めた(笑)

 

でも、ゲーム感覚でやらないと進まないような気がする。

 

だって、勉強嫌いだもの!! 

 

 

情報処理安全確保支援士試験(SC)の受験申込完了!

情報処理安全確保支援士

こんにちはー。

今現在12/150時間の勉強時間と超スロースタートをかましています(笑)

 

これではいけない!もう少しペースを上げなければ。

この資格には正直興味があまりないけど、会社がとれというので今回受験するけど、これからの業務で必要な事だし、ネットを扱う以上個人でも知っておいて損はない内容なのでとにかくやれるだけやってみます。

 

とかいいながら、なんか重要な事忘れているような・・・

 

 

 

受験の申し込みしてない(笑)

 

 

 

あぶない、あぶない。

受験申込の日程にはまだ余裕がありますが、申し込みしないと当日テスト会場すら入れない状態で、チーンになるところでした。

 

というわけで、さっさと申し込みをしようということで、ここのページからインターネット申し込みを

www.jitec.ipa.go.jp

 

ここから「個人申し込み」をクリックして、クレジットカードで一気に決済。

 

とりあえず、戦う準備はできたわけです。はい。

 

情報処理安全確保支援士試験の勉強をしている皆さん!

 

勉強の方に集中しすぎて気づいたら受験申し込み日すぎてたなんてことのないように、まずはさっさと申し込んでおきましょうね!!

 

申し込みすることで、後戻りができなくなるので少しヤル気になってきました。

 

どうにか150時間勉強を達成して受験に挑みたいと思います。

 

頑張っていきましょう!