読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報処理安全確保支援士試験合格を目指して

IT系にそこそこ弱い40代サラリーマンが2016年春の情報処理安全確保支援士試験の合格を目指します!できるだけ楽して合格したい!この気持ちでいっぱいです(笑)全力で片手間で頑張ってみます!

いきなり変な話が舞い込んできた

会社員ならよくある話なんだが、突然日常勤務のルーティン中に変な話が割り込んできた。

 

 

上司「○○君、情報セキュリティスペシャリスト受けてみない?」

 

 

私「は?なんですかそれは?」

 

 

上司「セキュリティの上級試験。企業の情報漏えいが最近世間を騒がせてるでしょう?今、企業のセキュリティは物理的なものだけではなく、会社データ等に注目されているんだ。」

 

 

私「はい。それはわかりますけど・・・」

 

 

上司「だから、うちの会社でも情報セキュリティに関するセキュリティ専門者を作りたいんだよね。」

 

 

私「はい・・・」

 

 

上司「そこで、会社で毎年数名受けさせて人材を育成しようということになったんだ」

 

 

私「そんなに毎年受ける必要なくないですか?」

 

 

上司「いや、この試験かなり難しいみたいで合格率が10%くらいらしいから毎年何人か受けてもらって、その中で数人受かればいいかなぁということで、そこそこの有資格者がでるまでやろうかということだ」

 

 

私「私、受かる気しませんし、そもそも受ける気もありませんが・・・」

 

 

上司「頼むよ、ある程度人数出さないと俺が上に怒られるんだ」

 

 

「そんなの知るかよ!ってかお前が受ければいいだろ」

※心の声

 

 

上司「ということで頼むね。よろしく」

 

 

私「・・・・」

 

 

 

ということで、最後までOKという返事はしなかったが、会社に雇われて身分であるサラリーマンである以上、これ以上の反抗はできないので受けないといけないことは決定したようだ・・・・。

 

 

ということで私は、ちょっとだけ情報セキュリティスペシャリストがどんな試験なのか調べてみた・・・。