読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報処理安全確保支援士試験合格を目指して

IT系にそこそこ弱い40代サラリーマンが2016年春の情報処理安全確保支援士試験の合格を目指します!できるだけ楽して合格したい!この気持ちでいっぱいです(笑)全力で片手間で頑張ってみます!

情報処理安全確保支援士試験とは

2017年春の試験から「情報セキュリティスペシャリスト試験」は名前が変わり、情報処理安全確保支援士というものになることはわかった。

 

詳しくはこちら

 

 

だだ、内容は今まで通りの情報セキュリティスペシャリストの内容とほぼ変わらないようなので、結局2017年の春試験を目指している(強制的に受けなければいけない)自分は情報セキュリティスペシャリストの試験勉強をすればいいということはわかった。

 

じゃあ、名前なんて別にちょくちょく変えるんじゃねぇよ。チキンなんでビビっちゃうじゃないか!と思ってたんだけど、試験後に3年に一度講習を受けるないと資格を維持することができないということが大きな変更点。

 

たしかに、いままで資格試験の悪いところは取ったら終わりなんだよね。

 

だから、有資格者だからといっても最新の情報を知らなかったりするので資格なんて意味ないなぁと思っていたけど、更新することで最新のセキュリティ脅威に対する対策をしることができるのでそこは良いんじゃないかなと思う。

 

特にITセキュリティは日々変化しているから、絶対に自分の知識も更新していかないと1年ですぐにおいて行かれるようになる。

 

今回の情報処理安全確保支援士は基本的に1年に1度オンライン講習を受けて、3年に一回集合研修をうけないといけなくなるらしい。

 

とてもいいことだとは思うが、この講習にお金がかかるのであれば、単なるIPAの金儲けにしかならないと思うので、もし合格したとしてもそれで更新しないかもしれない。

 

資格は勉強することは意味あるけど、資格自体は年々有資格者が多くなってきて飽和されてくるからあんまり意味ないと考えてるんだよね。

 

とりあえず、そこらへんの情報はまだわかっていないけど最新の情報にアップデートしながら企業のセキュリティを守るという取り組みは評価したい。

 

ただ、なぜ俺がうけなければいけないのかはいまだにわかんないんだけどね。。。