読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報処理安全確保支援士試験合格を目指して

IT系にそこそこ弱い40代サラリーマンが2016年春の情報処理安全確保支援士試験の合格を目指します!できるだけ楽して合格したい!この気持ちでいっぱいです(笑)全力で片手間で頑張ってみます!

資格は合格すれば勝ち

効率アップの方法

 

資格取得に興味のない僕も、若い時はジャンル関係なく片っ端からとれそうな資格をどんどんとっていました。

 

おかげで、今は履歴書の資格の欄には書ききれないくらい資格をもっていて、全部思い出すことができない状態になっています(笑)

 

そんなに数をもっていても、持っててよかったなぁと思う資格は2、3個でしょうか。

 

運転免許書と第二種電気工事士ぐらい?後あって、第1種衛生管理士ぐらいかなぁ。。。。

 

工事担任者ももっているから一応ネット工事できるのか。。。

 

とまあ、持っていても資格自体にまったく意味を持っていないのが現状です。(運転免許書は必須ですけどね)

 

 

僕はこれまで資格取得でほぼ100%一発合格しています。

 

それは「常に100点を取る!」という考えで勉強していたのが大きいと思います。

 

だいたいの資格試験の合格基準は6、7割とれると合格になります。

 

とりあえず100点目指してやっておけば、本番間違えても8割程度はとれているので合格します。

 

 

今でもこの勉強方法は良いものだと思っていますが、今回の資格試験のように「まずその資格を取りたいと思っていない。けど、会社に勤めている以上合格しないといけない」状況であれば、あまり時間を費やすことはせずに6割取得を目的として頑張ればいいと思っています。

 

 

なので、今回の資格試験は100点を目指しません。

 

6割ラインを狙います!

 

 

でも、その手抜き方法はわからないんですよねぇ・・・。

 

 

 

今まで常に100点を目指してきたので、どのくらい手を抜いたら6割合格になるのかが、未だにわかっていません。

 

 

しかし、そればかりはしょうがない。だって経験したことないから本当にわからないもの。

 

 

だけど、今回は6割目指すことにしました。

 

 

6割の勉強しかしないっ!!

 

 

方向転換したり、一貫性がなかったりするかもしれませんが、資格試験に合格して取得後にこのサイト上でまとめていこうとは思っていますので、この体を張った実験結果を楽しみにしておいてください。